【マンガ】おひとりさま出産を読んだ

アラフォーの漫画家の女性が出産リミットを前に、結婚せず妊娠、出産する道を選ぶというマンガを読んだ。 この方のすごいところは年収200万以下で、更にちゃんとした職についていない男性を食べさせるところまで出来ている。おそらく勝手な想像だけど、ものすごいミニマリストなのではないかという気がしている...その辺りの生活をまとめたマンガを書いてもいいのでは、と思った。 確かに付き合っている…

続きを読む

「廻廊にて」を読んで

関係ないけど、最近の学校では読書感想文をフルスクラッチで生徒に書かせるのではなく、感想文テンプレがあってそれを埋めて行くらしい。確かに仕事とかではテンプレがあると楽だけど、感想文もテンプレって... 今日は辻邦生の「廻廊にて」を読んだ。 当初は「春の砦」を読みたかったが、電子書籍化されていない。比較的表現の手法(日記を元に個人の心の動きを探り、描写する)が似ているという点で、この「廻廊に…

続きを読む

「孤独の価値」を読む

森博嗣さんの「孤独の価値」を読んだ。 元々「スカイクロラ」や「MORI LOG ACADEMY」なんかを読んでいて好きな作家さんだった上に、孤独というテーマが興味深く、あっという間に読了。 森さんはあくまで自分で考えたこと、感じたことを書いていると断っているが、様々な角度で孤独の意味、価値について考えている。よく数字信奉者というか、それってみんなの意見じゃないよねみたいなことを言い出す人…

続きを読む