資格試験必勝裏技

とても有名な資格とか難関資格を持ってるわけではないですが、仕事で必要になった資格はとりあえず取るという感じでこれまでやってきました。

司法試験などのようにすごい難しいわけではないですが、やはり取るにはそれなりの勉強が必要になるものです。
元同僚達でも何回か落ちてようやく受かったという人もいました。

これまで 4 つぐらい資格を取りましたが、いずれも一回で合格しています。
特に最近取った資格は資格の存在を知ってから二週間ぐらいで取りました。全部英語で問題が出てくるのと、かれこれ三回ぐらい落ちている人もいるのでそれなりには難しいかと思います。

資格試験の必殺技、それは選択肢の意図を見抜くことです。
記述式もありますが、記述式の前に選択肢がある資格試験が多いです。コンピュータベースの試験だとほとんどが選択式です。

答えを知らなくても、なぜこういう選択肢をその順番で並べたかというのを考えると、結構な確率で正解を絞り込めます。本当の答えが一つあり、ミスリードさせたい答え、とりあえず数を揃えるために入れたありえない答え、こういうもので答えの選択肢は構成されています。

適当に回答を選んでしまう前に、消去法であり得ない答え、ミスリードさせたさそうな答えを消して行くと本当に答えに当たる確率が高くなります。もちろん択一式、或いは複数選択式で数が指定されている場合にのみ有効な手段ですが、結構使える手ですが、本当に必要な資格であればぜひ試してみて下さい。

この記事へのコメント