捨てたもの - キッチンツールの見直し

私が所有しているキッチンツールは少ないですが、それでも見直すと無駄があるし収納方法も考え直した方がいいところがありました。

以下のような点です。

1. よく使うものはコンロ周りにつり下げ収納にしているが、使う順序になっていない

よく見るとレードルや菜箸など登場回数が多いものが奥の方に下がっていました。
奥の方に手を伸ばすのはコンロの上に身を乗り出す感じになるので危なさそう。手前に移動しました。

2. つり下げ収納にしているよく使うはずのものを使っていなかった

よく見るとワインオープナーなど日常的に使わないものをつり下げていました。
また、良く切れる包丁を使うようになってジャガイモなどをピーラーで剥くことが一切なくなったのに、ピーラーをつり下げていました。
泡立て器(この言葉を思い出すのにも時間がかかった。英語だと Egg Beater というけど、何故かそっちのが先に出て来た)もホットケーキは家で作らなくなったので登場回数が0でした。

都内ならホットケーキがおいしいお店はたくさんあるので、家でわざわざ作って食べよう、という感じにはなかなかならず。また卵焼きなら菜箸で十分です。

特に 2 で酷かったのは使ってないツールがコンロ周りの油を浴びてべとべとになっていたこと。
壁は気にして拭いていたのに吊るしているツールまで気が回らなかったので、ワインオープナーは引き出しに、ピーラート泡立て器は捨てることにしました。

今、壁につり下げ収納にしているのはほぼ毎日使う菜箸、お玉、へら、コランダー(ざる)のみです。

この記事へのコメント