暮らしが整っていて不幸な人はいないんじゃないか、というお話

いろいろな本を読んでいて気づくのが、まずは何よりも自分の暮らしをちゃんとしましょう、ってこと。
暮らしが整っているのにとても不幸だ、という人を見つけるのはまず難しいんじゃないかと思う。

お金があっても、社会的な地位があっても、暮らしがめちゃくちゃだったら果たして幸せになれるかな?

もちろんお金や社会的な地位でなんとかつじつまを合わせることが出来るかもしれない。が、果たしてつぎ込んだお金や労力ほど幸せを感じられるだろうか?

幸せを感じるためにお金を使う、刺激を求めるというやり方だといつか慣れが生じてくる。
より大きな幸せのためにより大きなお金を使う。結果としてお金もなくなるし、刺激に慣れて幸せも感じ取りにくくなる。

しかし、暮らしを整えることはわずかな労力とお金で満足も得られるし、少しずつ出来ることが多い。
大きな刺激で誤摩化す必要も無くなるし、これなら幸せという満足度を低い水準でキープ出来る。
暮らしを整えることは、誰のためでもなく自分のための大きな投資になるだろう。

この記事へのコメント