英語のために英語を勉強するのは無駄

良く英語を勉強するために何かしている(塾通い、高額教材購入、留学etc)という人を見かけますが、正直無駄なんじゃないかと思います。

英語は何かを学ぶためのツールであって、それ自体が目的ではない。
例えば英語じゃないと勉強出来ない別な学問を学ぶ、本を読む、こういのが目的にあれば長続きします。

しかし、ただ単に英語が出来るようになりたいから勉強していたら、それは続かないし出来なくて当たり前だと思います。

英語を使って何をしたいか、がないといけないわけです。

私の場合、外国の人の視点でモノを見たりするのが好きなので、観光客の人や知人の外国人が困ってたら何に困っているか聞いて手伝います。別に親切にしたいからじゃなく、完全にどうでもいい個人的な興味ですが、それで英語が話せると彼らの困りごとが何か判るなーと。

外国人が日本で携帯のプリペイド SIM を買うにはどうしたらいいかとか、食べ物でこれは何か?というようなことを手伝いましたが、その度に新しい英単語を覚えました。

今日は温泉に入ってたら、どうして温泉のお湯が白いのかと聞かれました。
(全ての浴槽が白いのではなく、一部の浴槽が白いお湯だったので不安そうでした)

マイクロバブルが出る装置が浴槽の中にあって、空気で白くなっているお湯だったので、それを英語で説明してあげたら安心していました。やはりいろいろ彼らなりに不思議だなーとか不安を覚えるところがあって、日本人だとなかなか想像しづらかったり、気にしなかったりする部分が見えて来ます。

さて、あなたは英語で何を学びますか?

この記事へのコメント