北海道行って来た

4泊5日の日程で北海道へ行って来た。
旅行中はブログは完全放置ですみません...目一杯旅行を楽しむので精一杯で...

IMG_2441.JPG

札幌ドームのミスチルライブがメインだったのですが、その前に小樽などを周り観光を楽しみました。
リュック一個と外歩き用ポーチしかなかったので飛行機や電車の乗り継ぎも楽々でした。

さて恒例の持って行って良かったもの、あったら良かったもの、いらなかったものの振り返りです。

歯ブラシを忘れてしまい、ホテルのを使いましたが歯ブラシは自前のが良いですね...やっぱり。歯磨き粉はちゃんとしたの持って行った。

【あったらよかったもの】
北海道ならではのあったら良いものとしてマイ箸。スーパーで美味しいものが普通に買えるので、高いレストランに行かずスーパーで買ったものを食べるとかでも良かったかなと反省しています。果物ナイフとかもあったらメロンなんか食べられて、よかったかもしれないですが、手荷物を持ち込みに出来ないのでいらないかな...

道端でメロンとか売っていますが一切れ500円ぐらいなので、観光地価格だよねぇと思います。割り切って食べたけど、普通に東京で買って食べても良かったな...

【あってよかったもの】
粉洗剤。ホテルにランドリーがついているのは日本のホテルならではでいいですね。洗剤はフロントでも売っているのですが、とある会社のノベルティでもらったアタック部屋干し用が非常に役立ちました。

無印の小さい化粧水。(ホワイトニング)
ちょうどいいサイズで便利です。いちいち移し替えたりしなくても、そのまま持ち出せるところがいい。

【いらなかったもの】

どこかでもらった化粧品サンプル。いつ頃もらったかも忘れたけど、臭いがダメでした。あまり使い慣れてない化粧品はストックしてもしょうがないということを学習。

iPad を持って行きましたが、読書をしている時間はあまりなく夜は疲れて爆睡。 iPhone 6 Plus でバス待ち時間にちょっと読んだぐらい。ちなみに読んでた本はこちら。



日本の教育で教えている歴史は時系列でただ事実をつらつらと並べたもの、いわゆるヒストリー。ドイツなどには歴史の各事象の相関関係を捉えようとするもう一つの歴史の学習方法があり、ゲシテヒと呼ばれている。この本では重要な歴史的な事象を元に、世界全体として何が起きているのか、これから何が起きるのかということを説明している。もちろん著者の人の個人的意見や偏りと言うのはあるかもしれないが、少なくとも無関心でいるより読んだ方がいい本だと思う。

旅に出るのはある意味自分自身の定期点検になるのでおススメです。

この記事へのコメント