人生は君の横を通り過ぎて行く

他人の日常の一部分を切り取ったものを見せつけられる。
本当かどうかわからないどうでもいいニュースを見るたびに一喜一憂したり、怒りを覚えたり、感動したりする。

そうしている間に人生は君の横を通り過ぎて、やがて終わるのだろう。
肝心の君の物語はどこだ?

この記事へのコメント