TOEIC のリーディングセクション攻略法

私の TOEIC スコアは最近のもので 870 ですが、そこに到達するためにやったことを記録しておきます。

リーディングの方が300前半をなかなか脱出出来ず、リスニングで 400 以上取っても 700 後半を長い間彷徨い続けていたので、間違いなくリーディング側の対策が必須と考えました。

リスニングは海外ドラマを見たり、以前紹介したような動画サイトで興味があるトピックを毎日1,2本見ていれば苦労しなくても自然に上がります。人間は興味ある対象に対しては、頭がよく働きます。

リーディング(特に文法)は残念ながらさほど面白くないです。文章を読むのは好きですが、それが過去分詞とかどうこうというのは意識的には学べません。また TOEIC は長文読解問題より文法問題の占める範囲が大きいので、リーディングを制したいなら文法を学ぶ必要があります。

そこで意識的に始めたのが、中村澄子さんの千本ノックシリーズです。





何がいいかというと文法問題が1ページ1問で取り上げられており、回答についても詳しい解法がついています。
また中村澄子さんは、頻繁に自身で TOEIC を受けて問題傾向を分析しているそうで、本番で出る問題に近い内容を学ぶことができます。

これを待ち合わせの隙間時間、移動時間に軽く勉強しただけで400まで届きました。そのときは合計で 840 でリスニングが 440 ぐらいしか取れてなかったのですが、その次の試験でリーディングが 390 リスニングが 480 だったので 870 になりました。

ちなみに昔 DS でもこのシリーズのゲームが出てました。
すごく面白かったのですが、ランダムで発音問題が出るので、電車の中で文章を読んで下さいとか言われると恥ずかしいです...


この記事へのコメント