「持たない幸福論」を読んでみた

毎日ぶらぶらしているけど、読書熱だけは活発にあってAmazon半額セールで本をドカ買いしました。Kindle アプリで読んでいるので本の置き場所を気にする必要もないのがより背中を押される原因に。
しかも、出たばかりの本が安くなってる!

というわけで昨夜は phaさん の「持たない幸福論」働きたくない、家族を作らない、お金に縛られないを読んでみました。本当は寝る前に軽く読んで眠くなったら寝ようと気楽に読んでいたのですが、気づいたら夜中の三時に読了してました。しかも読み終わったあと、あれこれ思いが浮かんで寝られませんでした。



すごくいいなぁ、覚えておきたいなと思った言葉を2つ抜粋させていただくと...

「宇宙から見ればどうでもいい」

よく分からない宗教の人が「あなたの生き方は我が教の教義に反しているので死後十億年間地獄に堕ちます」とか言ってくるのと同じなので

たしかに宇宙単位で考えたら、大抵のことがどうでもいい。
つまらない考えにとらわれたら唱えたい呪文みたいに覚えておこうと思いました。

あと、2つ目の言葉。思わず爆笑しました。
価値観の押しつけはたしかに宗教の押しつけと一緒です。或いは自由に生きられない人間が吐く呪いか、という気も。

pha さんのブログのコメント欄見たら、結構ヒドいこといっぱい書いている人が多くてビックリしたけど、本当に幸せな人だったら別に pha さんがなにやってたってどうでもいいと思うんですよね。自分が幸せじゃないから、他人の平穏が妬ましいんだろうな...

この言葉を十年前ぐらいに誰かに言ってやった気がしますが、幸せな人って自分への集中力が高いというか、別に他人の暮らしに興味を持ってないんですよね。

あと pha さんはだるいだるいとは言っているけど、本もちゃんと書き上げるし、ギークハウスプロジェクトもやっているし、自称普通の人よりやる気、根気あると思いました。

この記事へのコメント