不要な飲み会を捨てる

いよいよ12月で忘年会シーズンです。
既に11月ぐらいからちょこちょこと忘年会の誘いが入るようになってきました。

私は何回か転職しているため元同僚からの忘年会の誘いも既にいくつかあります。
幼なじみの友人からの誘いもあり、どれもなかなか断りにくいところですが以下のような基準で断れるものはどんどん断っています。

1. 包含関係にあるもの
例えば会社のオフィシャルな忘年会があるのに、数人で個別に内輪でやりましょうという忘年会、飲み会は断っています。別に全体で一回やればいいと思います。オフィシャルな忘年会は会社経費ですし、内輪だけでやろうというのは大体企画する人の狙い、社内政治に巻き込まれるだけなのでお断りです。

2. 目的が不明確なもの
例えば部署の親睦が目的なら部署単位でやればいいと思います。1とも関連しますが、身近に仕事している人抜きで個別に誘われると、なんでこのメンバー集めてるんだろうというのが気になります。

3. 個人的なお祝いごと
会社とかオフィシャルな場所で結婚、出産などなど個人的なお祝いをしているとキリがありません。別に私は誰にも祝って欲しくないので他人も祝いません。冷たいと思われるかもしれませんが、別に会社はお友達の集合ではありませんのでこれでいいと思ってます。

4. 呼びかけた人が不愉快だったり、不愉快な人が参加する飲み会
飲み会を呼びかけるのが好きな人、飲み会があれば必ず参加する人がいますが、そういう人が必ずしも好かれていたり慕われているわけではありません。中には飲むと暴言、セクハラ、愚痴などでものすごーく嫌われている人もいます。そういう人が呼びかける飲み会でも我慢して参加する大人な対応をできる方もいますが、そういうのは要らない我慢だと思います。

というわけで忘年会もミニマルに。

この記事へのコメント