年を取ると…

また週末短い旅に出る。これといって荷物はなく、下着と化粧水一泊分を普段のバッグに入れて駅に向かう。 駅のホームで吐いた息が白く見える寒さ。 電車に乗り込むと、後から50代か60代のオッサンたちがわらわら乗り込んできて、既に酔っ払ってるのか半分、怒号混じりの宴会をし始めた。 電車の中で子供が騒いだり、赤ちゃんが泣いたりするとトラブルになるのに、いい年したオッサンたちが大騒ぎしても問題にならな…

続きを読む

本を売るということ

最近、紙の本を処分する際に、古本屋ではなく自分でAmazonで出品手続きをして1冊1冊売り払っている。 手数料と送料がかかるので全部、とはいかないけどクリックポストなどの安い発送方法を利用して、トントンぐらいの値段ならとりあえず売っている。 時に1、2円損して、梱包の手間もかかるだけのこともあるけど、1冊1冊を見送るように次の読み手に送り出したいと思ってやっている。 発送先の住所と名前しか…

続きを読む

暮らしが整っていて不幸な人はいないんじゃないか、というお話

いろいろな本を読んでいて気づくのが、まずは何よりも自分の暮らしをちゃんとしましょう、ってこと。 暮らしが整っているのにとても不幸だ、という人を見つけるのはまず難しいんじゃないかと思う。 お金があっても、社会的な地位があっても、暮らしがめちゃくちゃだったら果たして幸せになれるかな? もちろんお金や社会的な地位でなんとかつじつまを合わせることが出来るかもしれない。が、果たしてつぎ込んだ…

続きを読む